ラクトフェリン口コミでの評判

ラクトフェリンの効果はどうなの?

ラクトフェリンの効果

 

今話題の成分と言ってよい「ラクトフェリン」は、母乳にたくさん含まれている成分となります。母乳は赤ちゃんにとって成長のためと、免疫力を高めるため、また先天異常を発症させないためにも必須の栄養分となります。ラクトフェリンにはこのような健康に資する効果があります。

 

そのことからラクトフェリンは、健康なからだ作りや健康の維持に大いに役立つのです。ラクトフェリンの効果について指摘すれば次の通りです。@免疫調整作用、A抗菌・抗ウイルス作用、B腸内環境を整える作用、C鉄分吸収作用、D抗炎症作用、E脂質の代謝改善作用となります。

 

具体的な効果についてはどうなの?

 

免疫調整作用については、がん細胞や健康に害を及ぼす細胞を見つけ出して殺すNK細胞の働きを活性化させることで発がん予防や感染症の予防に効果があります。抗菌・抗ウイルス作用では、ピロリ菌や歯周病菌の抑制に効果があります。特に胃潰瘍や胃がんなどの原因となるピロリ菌に関してラクトフェリンは、このピロリ菌を包み込んで胃粘膜に付着するのを防いで体外に排出させる作用があります。

 

腸内環境を整える作用においては、腸内で善玉菌となるビフィズス菌の働きを活性化させると同時に、ビフィズス菌を増やして腸内細胞のバランスを良好にします。そのことによって頑固な便秘が解消して、腸内にたまった脂肪を体外に排泄できる効果があります。鉄分吸収作用については、ラクトフェリンには鉄と結合する性質があるので、効率的に体内への鉄分吸収を促す効果があります。そのことによって貧血改善の効果が期待できます。

 

抗炎症作用では、関節炎や大腸炎を改善する効果が見込めます。そして、脂質の代謝改善作用においては、ラクトフェリンには「脂肪を分解する作用」と「脂肪の吸収を抑制する作用」の2つがあることから、これまでたまった内臓脂肪を分解して減らす効果と同時に、食事から摂るカロリーが内臓脂肪とならないように抑制してくれる効果が期待できると言ってよいのです。

 

さらに、上記以外にも、ラクトフェリンを摂ると、骨形成マーカーのオステカルシンが増加し骨密度がアップすることで、骨を丈夫にする効果や、またラクトフェリンは涙の中にも含まれている成分となることから、ドライアイや疲れ目を改善し、目の粘膜を若く保つ効果があるとされています。つまり、ラクトフェリンの効果とは、全身の健康維持に役立つものと言ってよいでしょう。

ラクトフェリン効果について